TCG超初心者必見! 全てのTCGに共通する、勝つための三要素とは?

2017年7月17日

 

みっくん

どうも、みっくんです。
最近「シャドウバース」を始めたのは、過去記事[シャドウバース]紹介レビュー。TCG好きがハマった。にてご紹介したとおりです。

そこで役立った、TCGで勝つための三要素を今回は超初心者のアナタにご紹介します!

 

そもそもTCGって?

まずその前に「そもそもTCGとは何なの?」ってとこからご紹介しましょう。

TCGとは「トレーディング・カード・ゲーム」の略であり、購入したり人とトレードしたりして入手したカードの束である「デッキ」を使って対戦するカードゲーム全般のことを指します。
そのため、トランプやUNOなどはTCGには該当しません。

アメリカの『マジック:ザ・ギャザリング』がその火付け役となり、日本では『ポケモンカードゲーム』『遊戯王OCG』『デュエル・マスターズ』などが発売され、人気を博しました。

これら全てを聞いたことがない、という人はおそらくかなり少ないことと思います。

そのルールはゲームによって多岐に渡りますが、共通するのは「対戦し、条件を満たした方が勝ち」といったもの。プレイヤーのライフポイントが設けられているものは大概「相手プレイヤーのライフポイントをゼロにする」というのが勝利条件になることが多いです。

カードを収集する必要はありますが、ルールの範疇内であれば色々なデッキ構築が可能となり、それこそ誰も組んだことがないような自分オリジナルのデッキを組むことだってできます。

カード収集・デッキ構築・対戦の駆け引きなどがこのTCGの醍醐味と言えるでしょう。

 

TCGで勝つための三要素

そんな、ルールがゲームの数だけ存在するTCGですが、勝つための三要素については共通しているものがあります。

デッキ構成

勝つための三要素の一つが、「デッキ構成」です。

どんなに強いカードを手に入れても、強いカードには大体リスクやコストがつきものです。強いカードだけでデッキを組んでも、そういったリスクやコストが足を引っ張ってしまう。その結果、カード本来の力が全然発揮できないまま負けてしまった。なんてことはザラにあります。

そこで重要になってくるのが、「デッキ構成」です。ありていに言うとデッキのバランスですね。

この切り札を出すためにはこのカードがあると出しやすくなる、この切り札を出すまでの時間をこのカードで稼ぐ…といった具合ですね。

また、手持ちのカードの持ち数にもよりますが、「このカードは早く引きたいからデッキに可能な限り多く投入する」「このカードは手札に加える手段があるから一枚あれば十分」というように、同一カードの枚数の調整も重要となってきます。

デッキ構築ができたら、今度は実際にカードを引いて、そしてプレイしてみて感触を探っていきましょう。頭の中では完璧なバランスだと思っていても、意外と思い描いているようにいかないものです。

もちろん、他の人のデッキを参考にしたりアドバイスを受けたりするのも一つの手段です。

デッキに正解はありません。試行錯誤を繰り返しながらデッキを錬成していくといいでしょう。

 

プレイング

それでは、完璧(だと思われる)デッキを組み上げたとして、それだけで勝つことはできるでしょうか?

答えはノーです。

優勝者のデッキと同じものを渡されて、それで勝つことができるかイメージしてみればわかると思います。ルールが複雑であればあるほどその難易度はうなぎ上りになることでしょう。

例えば遊戯王OCGのかつての優勝者のデッキには、攻撃力の高いモンスターはほとんど入っていませんでした。

そのデッキの特徴は「デッキからカードを引く・引かせるカード」をメインに採用しており、効率よくデッキを回し、高速で相手をデッキ切れにして勝利する、というものでした。

これでは定石である「相手のライフポイントをゼロにする」戦い方では到底勝つことはできません。

どのカードを優先的に使うのか、どのカードをメインに据えて戦うのか。これらを把握していないとデッキは全く機能しません。

もちろん自分のデッキの弱点を把握するのも大切です。こういう場合にはどう対応するのか、デッキの回し方を把握することもまた重要です。

それは構築済みのデッキを何も考えずに使うだけでは到底不可能です。自分なりに考えて苦心し、試行錯誤を繰り返して組み上げたデッキで、何回もプレイすることでできあがっていくものです。

もちろん、場合によってはプレイングを磨く過程で、再びデッキ構成を見直すことも必要になるでしょう。

「デッキ構成」とともにプレイを重ねて磨き作り上げていくもの、それが「プレイング」です。

 

それでは、デッキもばっちり組み上げ、そのデッキの回し方も把握していれば常に勝つことはできるでしょうか?

これも答えはノーです。
なぜなら、TCGには常に付きまとう問題があるからです。

それは「運」です。

どんなにデッキを完璧に近いものに組み上げて回し方も把握できていても、初期手札が悪くてはその力を十分に発揮できずに負けてしまうことがあります。
これがいわゆる「手札事故」と呼ばれるものです。

こればっかりはどうしようもありません。運だけが原因であるなら、ですが。

1、2回プレイしただけでは本当に運の悪さだけなのかはわかりません。何回も何回も手札事故が起こるようなら、それは「デッキ構成」に問題があると言えるでしょう。

「運」そのものはどうしようもありませんが、「デッキ構成」「プレイング」である程度カバーすることができます。
勝つことに主軸を置いているのであれば、手札事故が起こっても「運が悪かったから…」と腐らずに、デッキを見直してみましょう。

 

勝つための三要素に共通すること

勝つための三要素をご紹介してきましたが、これらには「勝つという目的」以外に共通することがあります。

それは、いずれもプレイを重ねていくうえで見えてくるということです。
「運」に関しては若干違いますが、プレイを重ねることで手札事故が運によるものなのかは自ずとわかってきます。

何回も何回もプレイを重ねて自分だけのデッキを作り上げていきましょう。

そうやって苦労して(回し方まで含めて)できあがった自分のデッキは、きっとアナタの宝物になります。

 

まとめ:勝つことも大事だけど…

ここまで勝つための三要素をご紹介してきましたが、勝つことだけに固執しすぎると楽しさがなくなってしまう可能性だってあります。

折角の楽しむためのゲームで、楽しさをなくしてしまったら本末転倒です。勝つことを目指すのはもちろんいいのですが、その中でも楽しむ心を忘れずにいたいものですね。

また、時には勝つ以外を目的とした、一風変わったデッキを組んでみるのも面白いですよ。例えば、

  • アニメや漫画などがあるものは、原作を意識したデッキ
  • コンセプト縛りデッキ(カテゴリーではなく、例えばクリスマスをイメージさせるもので構成するなど)
  • 友人や知り合いに似た顔のカードで構成したデッキ
  • 安定性最悪で爆発力最高のデッキ

などなど、他の人が到底組まないようなものを組むことができるのも、TCGの面白さだと思っています。

勝利を目指す人も、楽しさを忘れずにいきましょう!

 

↓ランキング参加しました。応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


スポンサーリンク