絶叫系ダメな夫婦二人で行くスペースワールドの世界

 

みっくん

どうも、みっくんです。

北九州にある宇宙テーマパークの「スペースワールド」が2017年いっぱいで終わってしまうということで、先日10年ほどぶりにみきすけと行ってきました!

絶叫系が苦手な二人ですが、しっかり楽しんできました!

 

スペースワールドとは?

1990年4月22日に福岡県北九州市八幡東区に開業した、宇宙テーマパークです。

ザターン、タイタンMAX、ヴィーナスGPなどの絶叫系コースターが目玉ですが、宇宙テーマパークよろしく宇宙博物館などの展示や宇宙食などの販売なども行っています。

福岡の人たちを楽しませてきたテーマパークですが、残念ながら2017年いっぱいで終わりとなってしまいました。 

 

「スペースワールド割引きっぷ」でお得にGO!

今回、我々はJRの駅までクルマで行き、そこからスペースワールド駅で下車することにしました。

そこで活躍したのが、「スペースワールド割引きっぷ」です。

スペースワールド割引きっぷ

フリーパス引換券

JRの往復きっぷとフリーパス交換券がセットになったもので、前もってJRの駅や旅行会社などで買うことができます。

場所によりけりですが、普通に往復きっぷとフリーパスを買うより¥900前後安くなるため、JRを利用するのであればかなりお得です。

また、当日スペースワールドで入場料を払って入場するとなると、チケット売り場の長蛇の列に並ばねばならず、かなりの時間ロスとなってしまいます。

しかし、この割引きっぷのフリーパス交換券なら、スタッフの人に話しかければ、並ばずにスムーズに入場することができます。

(もちろん、入場ゲート自体が混み合っていればそこは並ばなければなりませんが)

朝寝坊して少々出遅れてしまったのですが、この割引きっぷのおかげで遅れを多少カバーすることができました。

 

体験した園内のアトラクション

スペースワールドといえばやはり絶叫マシン。アトラクション。

・・・なのですが、絶叫系苦手夫婦はほとんど乗りません。何シニ行ッタンダトカ言ワレソウデスネ。

そんな二人が体験したアトラクションをご紹介します。

 

宇宙船に乗っているかの体験ができる「ミッショントゥマーズ」

最初に体験したアトラクションは、「スペースドーム」内の「ミッショントゥマーズ」でした。

宇宙船に乗り、火星をうるおすエネルギーとして太陽フレアを一部持ち帰る、といった設定のアトラクションです。

イントロの映像を見終わったあとは、いよいよアトラクションへと移動します。

宇宙船を模した席に移動するときに通る通路も、続く階段も、いかにも感が出ています。

大きなスクリーンを目の前にした席に座り、しっかりとベルトを締めて・・・いざ発進!

映像に合わせて座席が揺れる揺れる。隕石を撃ち落としたときの衝撃もなかなかのものです。

時間としては5分くらいと少々短いですが、結構しっかり映像とシンクロしていて迫力がありました。

ただし、3D映像酔いしやすい人はちょっとツラいかもしれません・・・。

 

室内ジェットコースターと思ってあなどるべからず、結構なスリルとGを感じられる「ブラックホールスクランブル」

「ミッショントゥマーズ」のあとの昼食休憩、そして後に紹介する「カピバランド」のあとで体験したアトラクションが、同じく「スペースドーム」内の「ブラックホールスクランブル」でした。

このアトラクションは室内、しかも暗闇の中を行くジェットコースターとのことなので、これなら絶叫系が苦手な私ならびにみきすけもいけるだろうと思って挑戦してみました。

(ちなみに、私よりもみきすけの方が絶叫系は苦手です)

我々が乗ろうとしたタイミングが悪く、たまたまメンテナンス作業前で、結構な行列となってしまいました。

待ち時間をスマホでしのぎ、いざ出発!

確かに暗闇ですが、しっかりと上っている感覚はわかります(当たり前ですが)

暗闇がより恐怖をかきたてます。

そして・・・急降下!

室内のためか、回転の径が小さく、速度と相まって大きな遠心力を感じます。これがかなりの衝撃!

そして、速度もしっかり出ているために、室内でありながら風を感じます。しかし暗闇。その風もどこか不気味さを感じます。

時間にして・・・5~10分程度でしょうか。室内とは思えないスリルとスピード感でした。

ちなみに、終わった後のみきすけの感想は「吐きそう・・・」でした。

 

そして、これを体感して、我々二人は「絶叫系、我々はムリだな・・・」と感じたのでした。

 

暗闇&五感覚醒アトラクション「ディーポ」

もう一つ我々が体験したのが、暗闇&五感覚醒アトラクション「ディーポ」です。

乗り物体験系のアトラクションとはうって変わって、かなりの地味どころです。

土日祝限定で、料金は¥500(フリーパス対象外)です。

内容としては、一言で言うと「真っ暗闇の迷路を抜ける」に尽きてしまいます。

しかしながらこれがなかなか恐怖感をあおるんですよ。

何せ本当に何も見えない。途中の非常経路とかは流石にちょっとだけ明かりがありましたが、他は本当に真っ暗。

多分「シャーマンキング」の「ヨミの穴」ってのはこんな感じなのかなー、と思います。・・・わかる人いるかな?

とにかくそれだけ真っ暗なので、感覚も全然普段と違います。方向感覚なんてなくなっちゃいますし、とにかく不思議な感覚です。

地味どころではありますが、なかなかに面白いアトラクションでした。

 

宇宙関係なくね?でも癒やされる休憩所穴場「カピバランド」

時は少々さかのぼって、「ミッショントゥマーズ」が終わり、昼食休憩が終わった後に行ったのが「カピバランド」でした。

なぜ宇宙テーマパークにカピバランドがあるのかはわかりませんが、カピバラと触れあえるということで行ってみることにしました。

料金は大人一人あたり¥500(フリーパス対象外)。ドリンクバーがあります。

カピバラと触れあえる時間は30分程度、その時間はカピバラがいる外のゾーンに出ることができます。

また、¥100でエサやりをすることができます。

エサは笹のような葉っぱ3枚。カピバラさんはかなりムシャムシャとあっさり食べます。そして、もっと欲しいと寄ってきます。

カピバラさん

意外と積極的。

初めてなでてみたのですが、かなり毛はゴワゴワしてます。毛の長い亀の子ダワシがもしあるとしたら、たぶんそんな感じの感触です。

なお、カピバラと別に触れあわなくても問題ありません。

カピバラに関する本が置いてあったり、折り紙の折り方が紹介されていたりします。

せっかくなので、我々も折ってみました。

カピバラおりがみ

左がみきすけ、右が私が折ったものです。みきすけが折ったやつは目つき悪いですねー。

なお、私が描いたような顔を目指したかったようです。ドウシテコウナッタ・・・?

 

ちなみに、子どもが遊べる「室内すなば」も同じ建物内です。

単にドリンク休憩としても使える、穴場の休憩所と言えるでしょう。

 

カーニバルストリートのローカルゲームで大盛り上がり!

暗闇&五感覚醒アトラクション「ディーポ」(後に紹介します)から宇宙博物館に向かう途中、宇宙人のぬいぐるみが飾られたゲートをくぐった先、大観覧車スペース・アイの正面。

そこにはジェットコースターのような大行列はないものの、いろいろなローカルゲームがあり、人が煩雑にいました。

その場所こそ、なぜかスペースワールドのガイドマップではなく店舗マップの方に載っている「カーニバルストリート」です。

カーニバルストリート

ここが思いのほか面白くて大盛り上がりしました。

プレイ料金は一律¥100。正直言って高い。

でも、ここの景品の宇宙人ぬいぐるみやキャップは、ショップには売っていないんですよ。

ちなみにそのぬいぐるみがコレ。手がマジックテープになってます。

宇宙人ぬいぐるみ

非売品の魔力は恐ろしく、ついついムキになっちゃうんですよねー。多分このコーナー地味にめちゃ稼いでる。

それでは各ゲームの内容を、みっくん独自の難易度・熱中度などと一緒にどうぞ。

ちなみにゲーム名は適当に私が呼んでいる名前で正式名称ではありませんのであしからず。

 

ボウリングバレー

難易度★★★(推定) 熱中度☆★★(推定) 力加減★★★

山・谷・山・谷でできたレーンを、一回ボウリングの球を転がして一つ目の谷で止まったら勝ち、というゲームです。

弱すぎると最初の山を越えられず、強すぎると谷で止まらずに山を越えてしまう。

まさに絶妙な力加減が要求されるゲームです。

しかし残念ながら、このゲームは私もみきすけもプレイしていません。そのため難易度は推定です。

プレイしていない理由は、景品の宇宙人カラーがあまり好みでなかったからだったり…。

 

テーブルコイン

難易度☆★★ 熱中度☆☆★ 軌道計算力★★★

離れた丸いテーブルに向かってコインを一回投げ、テーブル上にコインが残ったら勝ち、という極めてシンプルなゲームです。

コインを高く投げ上げると大きく跳ねてしまい、逆に低く投げると前に飛んでしまいます。

おそらくですが、コインを投げた頂点すぎくらいでテーブル手前に乗れば成功するでしょう。

シンプルゆえに奥深いゲームです。

 

ボール投げ

難易度★★★ 熱中度☆★★ 制球力★★★

二つのバーの間に立てられた缶に向かって野球ボール大のゴムボールを一回投げ、缶を二本とも倒せたら勝ち、というゲームです。

これはボールを投げる人のコントロール力が大きくものを言うゲームでしょう。

ちなみに私が投げたボールは、缶のはるか上空を通過していきました。

制球力に自信がある人にはおススメ、逆にノーコンの人には全く向かないと言えるでしょう。

 

ポップガン

難易度☆★★ 熱中度★★★ 狙撃力★★★

弾の先に大きいボールが付いた銃で、下2上1の缶を一回で全て倒したら勝ち、というゲームです。

まぁ平たく言うと射的ですね。

ボールの大きさゆえに簡単に感じますが、意外と上一本しか倒せなかったりします。

ちなみに私は、1・2回目:上一本のみ、3回目:左下残り・・・と、思考錯誤と微調整を繰り返して4回目に成功しました。

個人的には、上と下の中央を狙うよりも気持ち下を狙った方が上手くいくと思います。

 

スカッターボール

難易度★★★ 熱中度★★★ 運★★★

スカッターボール

右のレバーを引いて球を弾き出し、釘の間を縫って落ちてくる球をYの字のキャッチャーでキャッチ、これを3回中2回成功したら勝ち、というゲームです。手動パチンコみたいなもんですね。

そして、このゲームに関してだけは3回トライできるのです。ゆえにより楽しめます。

ただ、これに関してはかなり運に左右されます。

キャッチャー手前でどれだけ釘に引っ掛かってスピードダウンしてくれるかによって、難易度がガラリと変わります。

実は私は最初のトライで、1・2球目で立て続けに成功したのですが、そのときは釘に引っ掛かって結構スピードダウンしてくれたからでした。

他の人がやっているのを見ると、いきなりストンと落ちて反応できないケースが多々。

反射以上に運が試されるゲームです。

 

輪投げ

難易度☆★★ 熱中度☆☆★ コントロール★★★

ボールで作られた的に輪を一回投げて、見事に的にかかれば勝ち、というゲームです。

まぁまんま輪投げですね。

距離としては意外と近いのですが、いかんせん的に対して輪があまり大きくないのでなかなか難しいです。

投げるのはボール以外なら得意、という人向きかな?

 

その他いろいろ回ったトコ

それ以外にもいろいろ回ったところを紹介していきます。

 

ご利益タイタンMAX(疑似体験)

絶叫マシン、興味がないわけではないけどやっぱり乗れない・・・という人や、長時間並ぶのはイヤという人は、なんと疑似体験ができます。

場所は「ミッショントゥマーズ」「ブラックホールスクランブル」と同じ「スペースドーム内」の3階。

かなり地味なので相当な確率で見落とします。外見撮ったんですが暗過ぎてわかるかな・・・?

タイタンMAX体験サウンドBOX

まぁ平たく言うと、タイタンから撮影した動画を見ることができる、というものです。

しかもこれにBGMを付けることができるんです!ちなみに、本物のタイタンでも搭乗時にBGMが選べるようですね。

タイタンMAXサウンドBOX画面

BGMとして選んだのは、みきすけの一存で「金運ご利益」。

ジェットコースターからの画像。ぐんぐん高度が上がっていく。恐怖も上がっていく・・・かと思いきや。

「きんうんじょ~しょう~(お経)」

BGM(お経)のおかげで恐怖感ゼロ。BGMって大事だなとつくづく感じます。裁判で吉本新喜劇のBGMが流れたら一気にコミカルになるでしょ?それとおんなじ。

しかもさらにみきすけのツッコミが。

「いや、(ジェットコースターが)上昇しても一気に(金運)落ちるやん」

うん、ぐうの音も出ないほど正論やね。

 

お経効果のせいか、映像はスリルを感じるどころか印象にすら残りませんでした。

BGMってホント大事。

 

宇宙博物館

本来なら「スペースワールド」の名前的には一番の目玉になってしかるべき場所。

でも残念ながらお客さんの入りはそこまで多くない。それが宇宙博物館です。

宇宙飛行士さんの手形が入口にあったり、実際の宇宙服やロケットなどが置いてあります。

宇宙服とぬいぐるみ

↑は実際に宇宙に着ていった宇宙服&宇宙に連れて行ったぬいぐるみとか。ロマンだね。

構造とかそういう難しいことはわからなくても、そのすごさは何となく伝わります。

実際に使われていたものは、その損傷具合から過酷な環境であったことがたやすく想像できます。

ロマンが詰まった場所。それが宇宙博物館です。

 

結論:絶叫系苦手でもスペースワールドはそれなりに楽しめる!

そんなわけで、実際にみきすけと回ったアトラクションなどをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

絶叫系が苦手でもいろいろと楽しめる、ということが少しでも伝われば幸いです。

また、今回紹介していない場所でも、アイススケート「フリージングポート」や「ギャラクシーシアター」など、絶叫系が苦手でもいろいろと遊べるところはあります。

ただ、今回ご紹介したのが少ない理由の一つとして、正直興味はあったけど待ち時間の都合で断念した、というのがあります。お昼を回るとだいたい混みます。

「ビリビリ・エイリアンパニック」も興味あったけど70分待ちということであきらめました・・・。

スペースワールドに限った話ではありませんが、混みそうな所はあたりをつけておいて、早めに入場し、お昼までには回っておきたいですね。

 

2017年12月31日がラストなので、早く行ってね!!

 

↓ランキング参加しました。応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


スポンサーリンク