精神疾患であんなにお金に悩んでいた私が羨む、「稼ぐ」サービス

2017年11月23日

 


みきすけ

こんにちはみきすけです。

精神疾患中に無理にアルバイトして症状を悪化させた私。そんな私の結論は「無理してもイイコトない」でした。 そんな記事はこちらから。

前編

後編

でもやっぱりお金は欲しいんですよ!

今では体を酷使したり、対人関係で悩んだりしなくても済む「稼ぎ方」が増えてきました。
なので当時の私にも勧めたい、無理しなくても稼げる?サービスを紹介します。

 

自分の得意を売るサイト「ココナラ」

ストレス度:★★★
何を出品するかによりけり。チャットで完結する場合もあるので相談系もハードル低い。

リハビリ効果度:★★★
ある程度回復してたら、人とかかわるなどのリハビリになる。

話を聞いてあげる、話をする、だけでも500円以上の収入になります。
それって本当なの? って思いますよね。でもそれができるのが、知識・スキルの販売サイト【ココナラ】 というサービスです。

私が見付けたおもしろそうな売り物は、「ネット廃人の話」でした。
現在進行形でネット廃人だという方の話を聞けるものです。

できることは、ネット廃人という方の話を聞くのもOK。ネットの専門家ならではのSNSのコミュニケーションの悩みを相談したりするのもOKというものです。

あとは就活で悩む大学生へ、自己PRを一緒に考えてあげる、というものや、外さないお土産をアドバイスする、といったものまで多岐にわたっています。

これを見て、稼ぎ方が今は、料理を配膳したりスーパーでレジを打つものじゃなくなってきている
んだな、と実感しましたね。

ココナラは登録しなくても、どんなものが出品されているのか見ることができます。
思いのほかハードルが低いので、これならできるかも、と思えますよ。

 

自分の作った文章を売る「note」

ストレス度:★
書いたやつを出すだけ。

リハビリ度:★★★
自分の考えを外に書き出すことはとてもいいリハビリになる。考えの整理。

精神疾患でひきこもり生活を行なっていたとき、どーーーしても暇なんですね。

大体寝てばっかりいるんですが、そんなときに私は小説(のようなもの)を書いていました。文章として自分の思いを外に出すことは精神的なリハビリにも良いと、カウンセリングの先生が言っていたからでもあります。

で、そんな文章を販売できたら良いと思いませんか?

noteは文章を売ることができるサービスです。

プロと呼ばれるブロガーの皆々様は、ブログで稼ぐ方法を文書にまとめて提供したり、収益報告などを販売していますが、そんなことはしなくてもいいんです。

実際に、自作のポエムや短編の小説を販売することもオッケーです。

100円から販売できるので(もちろん無料でも)、やってみるのも面白いと思いますよ。
積極的な販売は周知に気苦労したりするので、どちらかというと売れたらラッキー、がいいかも。

趣味のようなポエムや、エッセイ、旅行記など多岐にわたっています。

あ、私の小説ですか? (←聞いてないよね)
現在販売していませんが…精神疾患中の私を支えてくれた作品がこのまま風化していくのも忍びないので、少し落ち着いたら販売してみようかな、と考えています。

 

写真を販売する「PIXTA」

ストレス度:★
著作権等の気遣いが必要。それは信頼できる人に任せればクリアできる。

リハビリ度:★★★★
外に出る、ことがそもそものリハビリ。太陽光を浴びることがセロトニンやメラトニンの分泌を助けるのだ。

写真素材サイトの大手PIXTAではプロアマ問わずに写真の販売ができます。

写真はお手軽な分競争率も高いので、利益を確実に出すのは難しいでしょう。けれどどんなものが認められて売れるかは、切り取りかたなどのセンスによるので、大いに参加するのはありです。

少し散歩することができたら、カメラでパシャリと撮影する。

売れたら、自分が認められたという肯定感が生れますし、写真を通して自分の外とふれあうのも十分なリハビリ効果が期待できます。

今回はPIXTAを例に挙げましたがそれ以外にも写真を販売するサービスはたくさんありますよ。

 

余談
そもそも外に出る、というのが大きなリハビリ効果が期待できます。
脳科学的にいうと、情緒の安定にはセロトニンやメラトニンの正常な分泌が必要なんです。実際にそれら脳内物質の分泌を助ける薬を処方されています。
でも太陽の光を浴びるとちゃんとそれらの物質が分泌されるように促されるんですね~。

詳しくはこちらの書籍「脳を最適化すれば能力は2倍になる」を。
生産性の話がメインですが、どうやってセロトニンやメラトニンが分泌されるのか、そのメカニズムがわかりやすく書かれてます。

 

ブランドバックのレンタル「ラクサス」

ストレス度:★

リハビリ度:★

ブランドバックを持っている人限定になってしまいますが、それを持っているなら何もしなくても稼げるかもしれません。

最近ではカーシェアリングなど、自分の持ち物をみんなでシェアするサービスが盛んです。そのひとつがバッグに特化したシェアサービスラクサス

残念ながらリハビリ度でいうとあんまり…ですが、お手軽さはダントツです。
もしレンタル中に傷が付いてしまってもラクサスがメンテナンスをして、キレイにしてくれるんですから!

残念ながら私はブランドものに縁遠くて…利用する機会が今後あるかどうか不明なんですが(汗)

眠らせているバッグがあればこれも資産運用の一環として出品してみるといいですね。

 

一生懸命に通勤しなくても不特定多数の人に会わなくても…

稼げる時代になりました。

今回あげたものは、がっつりと稼ごうと思うと、ノウハウの取得や創意工夫が必要なものもあります。

リハビリしながら、できる範囲で、を念頭に置いて紹介させていただきました。

他にもアンケートサイトのような簡単なもの、クラウドワークスのようなWEB上で完結できるお仕事サービスもあります。

 

 

↓ランキング参加しました。応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


スポンサーリンク