転職エージェントを賢く活用しよう。メンドウな交渉ごともおまかせ

2017年10月12日

 

みっくん

どうも、みっくんです。

転職活動って、なかなか大変ですよね。
そんなときに強い味方になってくれるのが転職エージェントです。

私も実際に、転職エージェントの力で内定をいただきました!

今回は、そんな転職エージェントの利点や活用方法をご紹介します!

 

転職活動って大変…

転職活動中の方や転職活動の経験がある方はわかってもらえると思うんですが、転職活動って大変なんですよね。

転職サイトを利用するか、ハローワークをあたるのか。選択肢としてはこんな感じだと思います。

私がそうなのですが、Uターン転職で、離れた地で転職先を探す場合は、どうしても現地のハローワークに行きづらく、転職サイトに頼ることになります。

しかし、転職サイトからの転職はかなりむずかしい…!

基本的には、自分の希望条件で会社をしぼりこみ、その会社を調べ、履歴書を書いて書類審査を通過し、面接に進み…と、就職活動とステップ的にはなんら変わりません。

むしろ、社会人を経験しているがゆえに、いろいろな葛藤が出てくるので、就職活動よりもハードルが上がりがちです。

特に給料。給料ダウンはできれば避けたいと思うのが普通でしょう。

 

面接まで進んだ際には、そういった交渉も必要になることでしょう。

でも、不採用になるのを恐れて、なかなか強く交渉できないんですよね。

 

ゆえに、転職サイトからの転職活動って、結構ハードルが高いんです。

 

転職者の強い味方・転職エージェント!

そんな中で非常に強い味方となるのが、転職エージェントです。

転職サイトと提携しているところも多いため、転職サイトを利用している人はメッセージが送られてきたことがあると思います。

私は「リクナビNEXT」を利用していたのですが、その中でいくつかエージェントさんからプライベートオファーをいただきました。

転職エージェントを活用すると、いくつもの大きなメリットがあります。私が感じたメリットを紹介します。

 

転職エージェントを活用するメリットとは?

 

転職エージェントを利用するメリットは大きく3つあります。

  • 転職サイトには掲載されていないしごとがを紹介してもらえる
  • 離れた地域での転職活動もスムーズ
  • 自分の働き方へのアドバイスをくれる
  • 交渉ごとは全部やってくれる

それではひとつづつ見ていきましょう。

 

転職サイトなどに掲載されていない案件を持っていることが多い

転職エージェントは、転職サイトなどに載っていない案件を持っていることが多いという点です。

転職サイトに載っている案件自体は多くても、自分の求める業種にしぼると意外と少ない…そう感じたことがある人は多いと思います。

そんなときでも転職エージェントに問い合わせると、「実は…」な非公開な案件を紹介してくれる時があります。

 

離れた地域での転職活動もスムーズ

私はUターン転職希望でしたので、福岡の転職エージェントにお世話になりました。

愛知に住んでいて福岡で仕事を探したいときって、非常に大変です。そんなとき福岡の転職エージェントさんは、福岡の求人情報をいろいろ探してくれたり、細かな面接の調製も全てやってくれます。

あと、めんどうな現状の説明も。

 

「今は愛知に住んでいて、仕事もしているので、気軽に面接をしには行けないのですが…」

「希望勤務地は…」

 

全部、エージェントがやってくれます。

やり取りは電話やメールが主になりますが、離れていながらもいろいろな情報を得ることができます。

 

自分では考えていなかった選択肢が広がる

どうしても未経験より経験のある職種の方が採用されやすいと考えるのが、私のような30代半ばの転職。自分の経験から「この職種しかない」と思い込んでしまうんです。

どんな仕事に就きたいか、経歴などを相談していく過程で、転職エージェントから全く考えもしていなかった業種や業界を紹介されることがあります。

人によってはメンドウだと思うかもしれませんが、私はメリットだと感じました。

 

私はいろいろな会社で、品質保証の仕事をしてきました。品質保証の経験があるがゆえ、転職するなら品質保証しかない、と考えていたんです。

けれど紹介されたのは、研究開発の仕事でした。

もともと興味は持っていたのですが、経験自体はなかったために選択肢に入れていなかったのです。

しかも建築塗料材という、未知の業界。(今までは農薬でした)

そして、会社の面接を経て、内定をいただきました!

 

もちろん、条件に合わない・気にくわないのであれば、断ればいいだけなのです。

 

自分では言いづらい交渉をやってくれる

どうしても、聞きにくい質問があったり、やりづらい交渉があったりしますよね?

特に給料や休暇に関することは、デリケートに感じて非常にやりづらいです。

 

しかし、転職エージェントはそういった言いづらい交渉もきちんとやってくれます。

転職エージェントはプロフェッショナル。きちんと表現を選んで交渉してくれます。

特に給料関係は頑張ってくれます。

なぜなら、給料は転職エージェントの成功報酬に直結するからです。

 

ですので、給料についてはしっかり希望を伝えましょう。

…もちろん落としどころは必要ですが。

 

転職エージェントのデメリット

転職エージェントのメリットを紹介してきましたが、デメリットにも触れておきます。

デメリットとしてあげられるのは次の2点です。

  • エージェントの当たり外れはある
  • 案件がないと紹介もされない

エージェントは人間です。なのでどうしても相性というものは存在しますし、経験・熟練度の差はあります。

私の場合、一番呆れてしまったのが、希望転職地を「福岡」だと明言していたのにもかかわらず、「三重」の案件を持ってきたことです。

さすがにこれはないですよね…。

そして当たり前なんですが、案件がないと何もスタートしません。一回キリの付き合いというものも存在します。

 

転職エージェントの活用法

ご紹介したように、転職エージェントを活用するといろんな恩恵が受けることができます。

それでは、転職エージェントを活用するためにはどうすればいいのでしょうか?

 

履歴書・職務経歴書をしっかり書く

転職エージェントを活用する方法としては、主に二つのパターンがあります。

  • 転職エージェントのサイトに登録する
  • 転職サイトで転職エージェントのオファーを受け取る

私のパターンは後者でした。

転職サイトは転職エージェントと提携していることが多く、転職エージェントから求人の紹介が来ることがあります。

 

では、転職エージェントは何をもって求人の紹介に来るのでしょうか?

 

そう、転職サイトにアップロードしている履歴書と職務経歴書です。

 

 

なので、職歴や履歴書・職務経歴書は、しっかりと時間をとって、じっくりパソコンで作成しましょう。

当然、受ける会社に提出するのと同じくらいの気構えで。

特に、自己PRや実績などは書けないという人もいるでしょうが、小さなことでもいいので書いておきましょう。

それだけでも印象が変わります。

 

複数に登録する

別に転職エージェントに限った話ではありませんが、複数の転職エージェントに登録しておくべきです。

案件紹介時に登録したものの、それ以降連絡が来ないことだってザラにあります。

もちろん、転職エージェントAが持っていない求人を、転職エージェントBが持っていることもあるでしょう。

ですので、選択肢は増やしておきましょう。

 

選択肢を増やすことで、少しでも当たる確率があがります。

 

日程調整や交渉などをお願いする

すでにご紹介したように、交渉などは転職エージェントにお願いしちゃうのが賢いやり方です。

特に自己主張が苦手な人やものぐさな人なんかは、お願いしてしまうのは大いにアリです。

 

ただ、きちんと自分の希望はエージェントに伝えることは怠ってはダメです。

お願いしたものの希望と違う…なんてことがあれば、自分が消耗してしまいます。

 

そしてあまりに音沙汰がない場合は、遠慮せずに連絡を取りましょう。

 

まとめ

転職エージェントについてご紹介してきました。

転職活動は人と人とのつながりです。それを円滑に推し進めてくれるのが転職エージェントなんです。

せっかくなので賢く活用して、スムーズに転職成功につなげたいですね!

 

 

↓ランキング参加しました。応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


スポンサーリンク