派遣の更新が終わります。突然のことに慌てないためにやっておくこと

2017年12月5日

 


みきすけ

こんにちは。みきすけです。

現在の出向先での仕事が3月で切れることになりました! 派遣の仕事の終わりはいつも突然なんです。

なのでいつも時期になるとどきどきします。

こういう、いつ契約が切られるかわからない状況は派遣の特徴なんですが、いくつかの対策をしておくとスムーズな移行ができます。

今回は私が地道に行ってきた、派遣契約が切れてもどうにかする方法を書いてみますね。

 

日頃からの求人情報の収集は超大事

派遣契約が始まって「とりあえず職にありつけた」とほっとしていませんか?

派遣は必要なときに必要な分だけ企業のお手伝いをするレンタル品。

いつ契約が終わるのかはその企業の業績によって変わります。いくら本人が優秀でも、会社の業績が悪くなれば派遣なんて雇うお金なんて出せません。

だから登録している派遣会社が、独自に出している求人情報などを日頃からチェックしておくのは身を守る最低限のことです。

複数の派遣会社に登録しておく

リスク分散の基本的なことですが、少なくとも2つの派遣会社に登録しておくことをお勧めします。

企業はひとつの派遣会社にのみ、求人を出しているわけではありません。

同じ企業でもどの派遣会社に紹介されるかによって、時給に差があることは多々あります。
また、こっちの派遣会社では紹介してくれたけど、こっちの会社ではカスリもしなかった、なんてこともあります。

「あなたのスキルでは難しそう…」なんて否定的に担当から言われても、紹介は個人情報保護により、本名や学歴などは非公開です。

自分だとばれることなく、もしかしたら別の派遣会社ではチャンスがあるかもしれないので、複数の派遣会社への登録はお勧めします。

契約が切れるひと月前には次の仕事先を検討する

リスクには先手を打つ!が最も重要です。

仮に更新がまだ続くのか、打ち切られるのか不明だとしても、契約期間が切れるひと月前には次の企業を検討します。
そして良いところがあったら、2つ3つまとめてエントリーしちゃいます。

まだ契約期間中だし…という控えめなあなたは、アマイとしか言いようがありません。

契約延長が二月前には決定されればいいものですが、ギリギリになる場合も少なくない。
私なんて3月で更新切れるのに、それを知ったのは2月の終わりですよ。

(3ヶ月単位の短期契約更新だからある程度は仕方ないにしても…)

それに早めにエントリーしておけば、営業の方に契約打ち切りの連絡が届いた時点で、早急に対応してくれます。

面談のときに打ち切りの話来たけど、次の週には別の企業との面談が決まっていましたし。

 

その他、細々としたこと

定期的な自分のスキルの棚卸しはやった方が良いですね。
別に就職だけのためじゃないです。

派遣という仕事はチャンスが増えたとはいえど、まだまだ低所得者の域をでません。周りからも「えー、派遣なの?」と言われます。
ついでに結婚を希望している男性諸君も、派遣だと彼女はともかく、彼女のご両親が良い顔をしません。

未だに仕事は男性のモノ意識が強いですからねー。

結局なにがいいたいのかというと、自分の希望するライフスタイルを考えようってことです。

派遣は様々な企業に行き、実際にそこの人とコミュニケーションを取ることができます。
会社組織のありかたに疑問を持つことだって多い。

だから自分にあった生き様を模索する材料はいっぱいある。模索して考えて、フリーランスというイバラの道を選択してもいい。

そのために何がしたいのかは、ちゃんと決められるようにスキルの棚卸しはやっていったほうがいいです。

 

↓ランキング参加しました。応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


スポンサーリンク