派遣社員のお金事情。せめて交通費くらいは支給して欲しい

2018年1月7日

 


みきすけ

ポジティブ派遣社員のみきすけです。
派遣社員として正社員に混じって日々業務を行っている私ですが、気づいたことがあります。

びっくりするくらい、正社員の方々は派遣の働き方について知らない。
時給なのか月給なのか、それすらも知らない場合がほとんど。

働き方の多様化がうたわれる現代で、心底「なんだかなぁ」と感じたので、今回は派遣のお金の面について書いてみました!

 

派遣社員のお給料は会社からじゃないよ

まずはお給料がいったいどこから出てくるのか。

派遣社員は、派遣会社と企業の契約によって配属されます。

雇用契約を結んでいるのは派遣会社。だから給与も派遣会社から支給されます。

有給の取得や休暇の申請、副業を認めるか否かなどの規定も、すべて派遣会社に依存します。

 

給与形態は時給です

ここがよく驚かれるところ。

給与は時給です。

企業の会社規定で、欠勤(あるいは半休)扱いになるような中途半端な時間に帰っても、働いた時間ぶんだけは給料がもらえます。

例えば私は、病院に行きたいからと少し早く仕事を上がったり(暇すぎて上がったり)します。
中途半端に一時間早く、とか。

そうすると会社規定では半休になってしまいますが、私は○時間働いたよ、って給料がもらえます。

これ、結構良いんですよ。
天候が悪いときも欠勤とか気にせずに帰れるから。

 

残業はしたらしたぶんだけ、もらえる

残業代は出ます。

だた残業代で稼ぐという発想はやめておいた方が無難です。

基本的に残業代は、企業は出したくありません。

企業が派遣会社に支払う額は不明瞭なところがありますが、

派遣社員に支払われる時給の、およそ1.5倍と考えたら、おそらく正社員より残業代が高いでしょう。

なのでしっかりとした企業は特に、派遣社員に残業させない方針を貫いています。

ちなみに私の行っている会社は残業大好きな会社。
でも残業という無駄な時間を支払いたくないので極限まで拒否。

 

交通費出ないのは心底しんどい

正直、一番しんどいのがこの部分。
高額な時給に隠れて見えにくいですが、「交通費込み」の金額。

これってどこがしんどいか分かる?

簡単な話、所得税が高額になっちゃうんです。

そうなると職場は当然、電車賃やガソリン代が掛からない、近いところがいいですよね。

いくら派遣会社側が、「派遣は職場、選べるから」と交通費を出さないことを正当化しても、そうそう都合よく、交通費ゼロの職場が見つかるはずもない。

全額じゃないにしても、1日100円でも出た方がいい。

残念ながら派遣会社の多くは交通費、出ません。
が、アデコから来ている派遣さんの話によると、アデコは交渉したら交通費を出してくれる
そうです。

いいよね(*゚▽゚)

 

ボーナスの時期は心が荒む

これは企業側の裁量に懸かっています。

むかーしからの流れをくむ、The昭和! な会社では、ボーナス支給の際、わざわざ全員集合して、部のトップから直々に渡す、という慣習があります。

手渡してるの、明細書一枚なんだけどね。

これがね、超ツラい。
派遣である私には関係ないからね。

「え、なに?わざわざ正社員との違いを派遣社員に見せつけてるの?もうやだ。帰る」

と黒いオーラが噴出してきます。
この気持ちは正社員には絶対、わからない。

ボーナスもらってホクホク。「ボーナス、何に使う~?」という自称気遣いできるふわふわ系ジョシーズの会話が、死ぬほど突き刺さる。

でも「お前ら正社員はボーナスあってホクホクしてるだろうけど、もらえない派遣社員のこと考えたことあるのか!?」
と怒鳴り散らさない程度には大人です。

遠回しにその支給のことを聞いたら、自称気遣いできるふわふわ系ジョシーズは、「全く考えたことがない」そうです。

ほらね。

話がそれてしまいましたが、ボーナスは支給されません!

ただWDBは正社員型の雇用パターンもあり、それならボーナスが出ます。
説明会やHPなどでじっくり見比べるといいかも。

 

給与額、交通費、ボーナス・・・不満はあるけど時間には変えられない

正社員は普通に会社に行けば給与ももらえ、配属一年未満でもボーナスが発生します。

正直、給与面では派遣社員は圧倒的不利です。

でもね、このご時世、お金を稼ぐ手段は会社員じゃなくても良いんですよ。
お金はうまく頭を使えば月収100万とか稼げちゃうけど、時間だけは平等に消費されていきます。

無駄な残業で時間を使うのか、一時間でも多くの自己研鑽に使うのか。

時間は全員が持っている、そして有限の資源です。その資源をゴミにしてしまうか、宝石に変えるかは、あなた次第なんです。

 

↓ランキング参加しました。応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


スポンサーリンク