英会話がヘタな日本人。上達のコツって何だろう?

 

みっくん

どうも、みっくんです。

先日「出川イングリッシュ」に関する記事を書いていて、日本人の英会話について思う所があったので書いていこうと思います。

 

関連記事

 

 

日本人の英会話がヘタな理由は?

よく、「日本人は英会話がヘタ」だと言われます。

しかしそれはそれでなかなかに妙な話なんですよね。

日本の義務教育の普及率はかなり高く、しかもその義務教育の中で英語を学ぶというのに…。

一体なぜなんでしょうか?

 

英会話ができなくても生活できる

ダントツ一番の理由は、英会話ができなくても日常生活に支障がないことでしょう。

日常生活において英語を使う必要がある人なんていうのは、海外の人と取引するような仕事に就いている人を除いてほとんどいないでしょう。

昔に比べると、確かに海外から日本を訪れる人は増え、外国人も日本国内で見かけることが多くなりました。

しかし、別に会話できなくても日常生活は送れます。

もちろん知っていると便利な点などあるでしょうが、必須ではありません。

そのため、英語が母国語ではなくても必須な国に比べると、当然劣るわけです。

 

英語で会話をすることに対して消極的、失敗を恐れすぎる

「英会話ができなくても生活できる」とも関連するんですが、日本人が英語で会話することに対して消極的な点もヘタな理由の一つです。

性格自体が謙虚な傾向にある日本人なのに、さらにそこに、「教科書のような完璧な英語を話さなきゃ…」と、失敗をおそれてしまうと最後、何もしゃべれなくなってしまいます。

英会話をする機会が少ない人は、なおのことそう思ってしまうのではないでしょうか?

これが学校の英語の授業の悪い影響でもあるのかな、と個人的には思っていたりします。

 

ボディランゲージ(身振り手振り)ができない

AEONで英会話を習っているみきすけに聞いてなるほどと思ったんですが、日本人は外国の人に比べるとボディーランゲージが苦手な傾向にあると思います。

道を教えるときなどに方向を示すのに使う人は多いとは思いますが、表情や感情を表すのにボディランゲージをする人は少ないのではないでしょうか?

日本では、ボディランゲージで感情を表すのって、漫画やアニメ、あるいは芸人さんがほとんどで、日常生活からほど遠いものってイメージなんですよね。

だから、ボディランゲージは大げさで恥ずかしいもの、みたいなイメージがあるように思えます。

ボディランゲージも英語そのものではないにしろ、相手に情報を伝える重要な手段です。英語が苦手であればあるほどバカにはできないものと言えるでしょう。

 

日本語が英語とかけ離れていてかなり独特

これはもはやどうしようもないレベルの問題なんですが、日本語が英語とかなりかけ離れた言語というのもまた、日本人の英語下手の一因となっていると思います。

調べてみたところ、英語はドイツ語・オランダ語などと同じゲルマン祖語から分化されたものとのことです。

つまり、これらの言語は共通する部分があり、似ていて当然です。

一方日本語は全く別の言語であり、基本的にはアクセントすらありません。

しかも、日本語だと、

「私は(主語) テニスを 毎日 します(述語)」

という、主語が最初で述語が最後、説明があいだという順番なのに対し、英語は

「I(主語) play(述語) tennis everyday.」

という、主語、述語のあとに説明がくるという順番になっています。

つまり、文法自体も大きく異なるんですね。

 

この文法の違いもかなり厄介だと思うのです。

完璧な教科書英語を話そうとすると、日本語→英語に訳して考えますよね?

すると、完全に文章が完成してからじゃないと英語にできないんです。

なので、「私はテニスを毎日します」という文を英訳するときに、そこまで重要じゃない「毎日」まで英語に訳さないといけないと考えちゃうんですよね。

それが出てくればまだいいんですが、それが出てこないと一切しゃべれなくなってしまうんじゃないでしょうか?

 

 

英会話を上達させるコツは?

では、英会話を上達させるコツは何なのでしょうか?

ヘタな理由を踏まえて考えてみました。

 

失敗を恐れず、積極的に話す

話しかけないことには何も始まりません。

ただでさえ使う機会の少ない英会話、話す機会があっても使わないのであれば身に付くことはありません。

英会話の勉強をしていても、実際に英会話を使ってみないのであれば、自分が上達してるかどうかなんて存外実感しづらいものです。

英会話が通じれば手ごたえを実感できますし、通じなければ通じないで、自分の弱点が何かなどの一つの目安になるでしょう。

少なからず、モチベーションの増加・維持に繋がります。

 

また、きっちりとした文章でなくても、単語単語でも伝わるものは伝わるものです。

かたことの日本語でもそうじゃないでしょうか?

「どこ? ラーメン 食べる」

これだけでも何を聞いているか伝わりますよね?

 

英会話が伝わらなかったからといって事件になるようなことはまずありません。

英会話を上達させたいのであれば失敗を恐れず、積極的に話しかけてみましょう。

 

ボディランゲージなど、言葉以外のものも活用する

「英会話」というテーマではありますが、会話するのに必要なのはなにも言葉だけではありません。

言葉に関連するところでは声のトーン、それ以外では表情、ボディランゲージ、態度なども会話において重要な要素です。日本語でも同じですよね?

英会話そのものにあまり自信がなくても、そういったものを駆使すれば意外と通じるものです。

他愛もないおしゃべりで、内容によって表情がコロコロ変わってリアクションを取ってくれる人と話すと、楽しくて盛り上がりますよね?

そういう会話の盛り上がりという意味でも、ボディランゲージや表情も大事にしたいものです。

 

出川イングリッシュでは歌なんかもしばしば活躍しますね。あれも場合によっては有効な手段と言えるでしょう。

歌は国境を越える共通言語。偉大ですね。

 

主語、述語、対象を最初に言って、付け足し付け足しで話していく

すでにご紹介したように、「私はテニスを毎日します」を日本語の順番通りに英訳していくと、重要でない情報の「毎日」が英訳できない時点でつまづいてしまいます。

それ以外の単語が全てわかっているのに、重要でない単語でつまづいてしまい、85点が0点になってしまうのです。

対策としては簡単で、「毎日」とかそういうのは置いといて、「私はテニスをします」を言ってしまえばいいんです。

説明とかは後でもできるので、まず「主語+述語+対象」を言ってしまいましょう!

 

実際、英語の構造って「主語+述語+対象」を言い、そのあとで情報を付け足していく感じなんですよね。

例えば

「私は高校時代にテニスをしていました」

を英訳すると、

「I played tennis when I was high school student.」

となります。

 

つまり、最初に「テニスをしていた」を言い、その後で「高校生の時代に」という情報を付け足しているんです。

付加情報なんて後からの付け足しつけ足しでいいんです。というか、それが英語の構文なんですから。

 

まとめ

英会話の上達について書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

すぐに上達とはいかないでしょうが、今回ご紹介したことが英会話上達のヒントになれば幸いです。

 

↓ランキング参加しました。応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


スポンサーリンク