県外の友人に福岡をアテンドした話

2018年3月9日

 

こんにちは、みきすけです。

福岡に県外の方が来ることを、我々福岡県民は「来福する」と呼びます。

県外の友人が来福したので、アテンドしてきました。まあまあ長文ですので、さらっとどうぞ。

 

福岡県民の悩み

福岡県民のあるあるとして、「観光地がない!!」というものがあります。

せいぜい有名どころとしては、優秀ゆえに左遷された、まるで現代サラリーマンの先駆け道真公の墓くらいでしょう。

福岡城なんてぶっちゃけなんもないし、キャナルシティなんて迷子になりやすい建築物なだけ。

あとは飯とか、ごはんとか、グルメとかです。

だからこの記事は、県外の人を案内するなら?をテーマにしました。どちらかというと、福岡県民向けに書いた記事です。

この記事を読んだ福岡県民が、来福した友人を案内する参考になれば幸いです。

 

1日目は天神・博多地区をさらっと

さて来福した友人とは福岡空港で待ち合わせました。

福岡空港は2018年2月現在、まだまだ改装中。そのため殺風景な通路がありますが、ちょっと高級そうなフードコートがオープンしてたり、レストラン階は落ち着いた雰囲気だったりで旨いものは十分楽しめます。

ちなみに夏ごろ食べた鉄板焼きそばはマジうま。

 

福岡空港から天神へ

観光地でなくても、知らない街をぶらぶらするのも乙なもの。
そう思いひとまず天神地区へ。

福岡空港から博多まで、地下鉄で10分。天神まで15分で行けます。
立地は最高です。

県外の方に歩いて欲しいのはやっぱり天神地下街。愛称は「てんちか」です。
19世紀のヨーロッパをイメージして作られた、石畳の道に唐草模様の天井はちょっと異国情緒あっていい感じですよ。

その辺の都会の地下街に負けないくらい洗練されてます。

時間の都合によりさらっと流してしまいましたが…次回はぜひゆっくりと。

 

極味や断念、ここは鉄鍋ぎょうざ

福岡のおいしいものを食べて欲しいと思い、福岡パルコの地下1F「極味や」と行きました。
案の定、行列で断念しました!

いきなりメシ難民に…。

極味やは伊万里牛を手頃な価格で楽しめるハンバーグのお店です。店舗によって焼き肉とかもつ鍋もあります。今回は断念したのでHPだけ貼っておきます。

ペタ→極味や公式HP

 

そこで代わりに突入したのが鉄鍋ぎょうざの店。

福岡でぎょうざなんてっ!と思うかもしれませんが、福岡も浜松や宇都宮にまけないくらいのぎょうざ王国。

その特徴は、一口サイズの小ぶりなぎょうざが、熱々の鉄鍋に入って提供されることです。

猫舌の民は戦々恐々とします。

なにせ冷めない。最後のひとくちまで熱いままおいしく食べられます。

ちなみに今回は時間の都合上行けなかったのですが、鉄鍋ぎょうざなら「博多黒鉄(くろがね)」が好きです。
本店が博多にあるのでアクセスも超便利。HP貼っておきます。

ペタ→博多黒鉄公式HP

 

とりあえずキャナルシティへ移動

せっかくなのでついでにキャナルシティへ行きましょう。

キャナルシティは商業施設なので福岡県民からするとびみょーどころなんですが、建築様式が特徴的なので有名ですね。

キャナルと言えばその手前にある中洲川端商店街は押さえておきたいところです。

見るべきは「川端ぜんざい広場」に展示されている山笠ですね。

ぜんざい自体はちょっとお高めの観光価格。でも山笠観覧料と思えば…むう。

ちなみに今回のアテンドでは、キャナル自体は数十分で終了。昼時ならラーメンスタジアムに立ち寄ってもよかったかも。反省。

 

2日目は長崎ランタン祭へ

福岡は九州他県のハブとしても活用できます。

 

博多から長崎までの切符案内

今回、友人が来福した目的が長崎ランタン祭へ行くこと。

博多から長崎まで4枚切符11,000円。なんてお安い…(はぁと)

ところがどっこい。ネットの早期予約で一枚2,300円という切符を発見してしまいました。
完全なるリサーチ不足。

HKT48のさっしーさんがCMしているやつです。

 

長崎ランタン祭をざっくり紹介

福岡関係ないのですが、せっかくなので長崎ランタン祭を紹介しておきます。

 

むかーしむかし長崎に住んでい華人(移民した中国系の方々)が始めた新春のお祭りが由来です。

爆竹は鳴りませんが、中華街を中心にランタンが灯され、夕暮れ時はとても幻想的です。要所要所で皇帝パレードや媽祖(まそ)行列が行われてます。

それ以外にも、中国雑伎、変面ショー、二胡演奏などもあって、見所は満載です。

ただし会場は長崎市内全域にわたるので、絶対に見たければタイムスケジュール表は必須。

 

スケジュール表は中華街の店舗、駅前などにあるよ。

 

移動は便利な路面電車でね

長崎市内は路面電車で巡ることができます。主要な観光スポットは近くに停留所があるので、活用しない手はない。

一律大人120円。
長崎駅で購入できる一日フリーパスは500円。

正直なことを言うと…
一日5回乗れば元は取れるが、ぶっちゃけそんなに乗らなかったりする。それでも私はおすすめしたい。

  • 理由①毎回120円用意するのはめんどい
  • 理由②人が多すぎて財布取り出すの大変
  • 理由③もしかしたら5回乗るかもしれない

とくに混雑するランタン祭のような時は、必携です。

 

3日目は太宰府天満宮へ

友達の福岡アテンドも今日が最終日。福岡と言えば、全国的にも有名な王道観光地「太宰府天満宮」は押さえておきましょう。

混雑を避けて早朝にGO

太宰府天満宮の最盛期は全国から約200万人訪れると言います。この日は平日でしたが観光バスが多く入り、台湾や中国からのお客様がいました。

こういう観光地は午前中に回るのが吉。その方が今話題の「あの場所」の写真もゆっくり撮れます。

 

「あの場所」はこの場所→インスタ映えするスタバ

 

太宰府といえば「梅の実ひじき」

太宰府の土産と言えば…と聞かれても答えにくいのですが、一つ、ありました!

それは「梅の実ひじき」。あちこちのメディアでも取り上げられ、マツコ・デラックスさんも「美味しい」と言ってくれたご飯のお供。

会社のお土産というより、家で食べる用のふりかけです。

梅の実がごろごろ入ってて、かりっとした歯ごたえがうまい。味わいも、王道の梅の実ひじき、山椒、辛子高菜、鰹(かつお)といろいろ。

ぜひご賞味を。

 

 

ごぼ天うどんで〆!

※うどんが好きすぎて言葉遣いが素になっています

 

福岡最後のメシはどうするか。

迷ったあげく…ここはラーメンではなくうどんで!

福岡は香川県に隠れてしまっているが、れっきとしたうどん県。

ラーメン店よりうどん店の方が多いのだ。向かい合わせにうどん店とラーメン店があれば、うどん店の方が行列を作る。マジで。

個人的な推しうどんは、肉肉うどんのうどんだが、ここは「ごぼ天うどん」だ!

(うどんうどん言い過ぎてよくわからんくなってきた)

ごぼう天というと本州の人は、ゴボウが入った練り物を想像するらしい。しかし福岡でごぼう天といえば、まるっとゴボウを天ぷらにしたものをいう。

ゴボウの形状はさまざまで、笹がきやぶつ切りにしたものを揚げてたり、細切りをかき揚げのようにしたものもある。

行ったお店は「狐狸庵(こりあん)」。向かい側には全国的にも有名な一風堂ラーメン店があるが、足下にも及ばないくらい人気店である。

忙しすぎて「15時から18時まで準備中にします」と張り紙があった。うむ、潔し。
とはいえ実はこの店、カツ丼が有名なんだ。

福岡の柔らかいうどんに友人も「美味しい」と言ってくれ、とりあえず福岡アテンド終了しました。よかったよかった。

 

今回のアテンド反省点

初アテンドは色々と課題が見つかりました。

まず肝である飯は、アテンドする側が決めておかないと難民化します。

福岡には食べて欲しいごはんがたくさんありますが、残念ながら胃袋は有限。
そのため何を食べて欲しいか?を中心に動きを決めるとスッキリします。とくに市内観光はね。

あとは自由時間があっても良かったかも。自分のペースで知らない街を見るのも良いと思ったんです。

季節イベントを楽しむために遠出はアリです。今回は長崎ランタン祭へ行きました。

それ以外にも、柳川のさげもん(ひな祭り)や、佐賀の有田陶器市、バルーンフェスタ、福岡のクリスマスマーケット、バルウォークも時期が合えば組み込みたい。

課題点一覧

  • メシ情報が乏しい
  • ラーメン、もつ鍋、水炊きのリーズナブルでうまい店はリサーチすべし
  • 福岡をハブとして活用するのはあり。その利用方法はどうするべきか

長くなりましたが、今回のアテンドのレポートでしたー!

 

↓ランキング参加しました。応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


スポンサーリンク