福岡のソウルフード「もつ鍋」。その魅力から材料の集め方まで

2017年12月26日

 

みっくん
こんばんは。みきすけじゃない方ことみっくんです。
突然ですが、もつ鍋をご存じでしょうか?むしろ召し上がったこと、ありますか?

 

もつ鍋とは福岡のソウルフード!

もつ鍋は福岡のソウルフードの一つ。

福岡で食べたことがない人はいない、と断言してしまってもいいくらいメジャーな食べ物です。

簡単に紹介しますと、メインが「もつ」、つまり牛ホルモンの鍋です。

スープの種類は色々ありますが、主流なのはしょうゆベースと味噌ベース。

こってり系の味噌スープ、ややあっさり目のしょうゆスープ、どちらもホルモンの美味しさをを引き立てる味になっています。

そして、具材も様々です。

必須な牛ホルモン以外では、ニラ、キャベツ、ゴボウ、もやし、あとはニンニクに唐辛子などが主だったところでしょうか。

牛ホルモンのぷりぷりの食感と、しっかりとスープを吸ってしんなりとした野菜の食感との対比がまた飽きないんですよ。

余談ですけど、こういうときのキャベツの芯に近い部分ってやたら美味しいですよね。

そして、鍋と言えば締めがつきものですが、その締めはずばりちゃんぽん!

牛ホルモンの旨みがしっかりと出たスープをしっかり吸わせて膨れ上がったちゃんぽん麺がまた美味しいんですよね。

今は便利なもので、様々な食品メーカーがもつ鍋スープを売り出しており、福岡じゃなくても家庭で楽しめます。

 

食材を求めて…

以前3年半ほど、九州を離れて東海地方に住んでいました。その時の話です。

スーパーなどには食品メーカーが出しているもつ鍋スープが普通に売ってあります。

そこで、みきすけと一緒にもつ鍋を家で食べよう、と思ったんですが…。

福岡では比較的簡単に手に入るはずの食材が全然手に入らないんですよ。

まず、問答無用で欠かすことができない牛ホルモン。

福岡では、スーパーの精肉売り場に普通に置いてありますが、東海地方で見ることは皆無…とまでは行かなくても、かなり希です。

ボイルされた豚ホルモンなら割と見かけるんですが…そうじゃないんですよ…。

一体、ここの地域の人たちは、もつ鍋のメインを何にしているのか聞きたいくらいです。

ただ、スーパーにはなくても、肉屋さんには置いてあるようです。生だったり、冷凍だったりと店によって違うみたいですが。

それでも、スーパーの精肉売り場にあるのが普通だと思っていた私にとってはかなり衝撃的でした。

 

締めを求めて…

そして、ある意味それ以上に驚いたのが、締めのちゃんぽん麺が全然売っていないことです。

福岡では、スーパーに、うどん麺や焼きそば麺と並んで安価で売ってありますが、東海地方では全然見かけず。

うどん麺や焼きそば麺はあるんですが、売ってあるのはそこまでなんですよ。

あ、もちろん、「ちゃんぽんセット」みたいな、ちゃんぽんスープと麺がセットで売られているものはありますけど、ちゃんぽんスープが要らない上に、どう考えても割高ですので却下。

以前、スーパーで見かけた「中華麺」というのが、パッケージに「ちゃんぽんに」と書いてあったので締めに試してみたのですが、スープを吸わせるとぶちぶちと切れてしまい、全然食感を楽しめませんでした。

細めのうどん麺はまだマシではあったんですが、コレジャナイ感が…。

やっぱりちゃんぽん麺じゃないとダメみたいです。

そうして途方に暮れていたのですが、ついに見付けました。

業務用スーパーで、冷凍麺の状態で!

見付けたときは感動を覚えましたねー。簡単に手に入ると思っていたものが手に入らず、ようやく見付けることができたのですから。

 

そして完全体のもつ鍋へ…

こうして、必要な食材をしっかり揃え、もつ鍋を作りました。

もつ鍋

これぞ、ザ・もつ鍋!!いやぁ、格別ですねぇ。

締めのちゃんぽんも非常に美味しく、以前試した中華麺やうどん麺よりもペロリといけちゃいました。

 

まだ食べたことがない方、ぜひ一度ご賞味あれ!

 

もっと簡単にそして本格的な味を試したい方へ。こちらの記事もどうぞ。

関連記事

 

 

↓ランキング参加しました。応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


スポンサーリンク