駆け出しライター必読。文章力だけじゃない、交渉力が身に付く良本

2017年10月20日

 

こんにちは。絶賛ライター業中のみきすけです。

ところでライター始めたてで、もっとも不安に思うことって

「みんなどうやって営業してるの?」

ってことじゃないでしょうか?

ちなみに私もソレ。
クラウドソーシングを利用したことがあるなら分かると思うんですけど、プロジェクトの相談とか、トラブル回避の仕方とか、果ては単価交渉とか・・・

「どうやってんの、みんな??」

こういうことって見せてもらうわけにもいかないし、そもそも駆け出しだとライター仲間もいないし、相談のしようもないんですよね。

結果、億劫になっちゃって、「ライター向かないわ・・・」とブルーになってしまうんですよ。

駆け出しライターの悩み

私がきっついなーと思う悩みを挙げてみました。

  • プロフィールの書き方
  • 応募時の提案の仕方
  • ライターとして仕事の線引きは
  • 記事に自信がないときどう切り出すか
  • 仕事が考えてたものと違ったら
  • 納期の交渉の仕方は
  • 単価の交渉の仕方は
  • 写真選定に一枚いくらが妥当か
  • 単価安い仕事したくないんだけど
  • 名刺っているのか
  • そもそも良いクライアントって?

書き出すとキリがねぇな・・・

 

駆け出しライターの筆読本に(勝手に)認定した。

ほんっと悩みって尽きないんですよ。

冒頭でもお伝えしたとおり、営業のしかたも手探りだし、ライターの適正な単価も分かんねぇ。

これが会社員なら営業のノウハウも先輩社員から教えてくれたりもするんだろうけど…

私なんて職歴オール派遣の、研究開発職勤務。外に出ないのが仕事。

いざ!フリーになってもまぁああったくできない。

そんな中出会ったのが、「頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書」という本。

ま、正直、どこにでもあるような文章力の本だろう、とかブロガー論ならぬ、ライター論だろうと思ってた。

 

でもね、違ったんですよ。

この本はぼんやりとWeb上の情報で知るような、ライターとはこうである論ではなくて、具体的な単価交渉の仕方や実績を上げるための仕事の選び方など、「コレが知りたかったんだ!」っていう情報が網羅されてました。

 

駆け出しライターが読んでおいた方が良いところ

全部読み込んだ方がいいのはもちろんなんですけど、駆け出しで頑張ってる、というWebライターさんが読んだ方がいいところを3つピックアップしときますね。

 

① 第2章2-6 「不安な記事ほどさっさと出す事が大事」

私もやりがちなんですよ。自信がないからずるずるとギリギリまで納品しないってやつ。

日本人によくありがちな、「完璧主義」ってやつなんですよね。

早く出す方がビジネス的には正しいんだけど、自分の完璧とは違うから、どうしても納品できないんです。

でも、その作品をOKにするのかNGにするのかは、自分自身の裁量で決められるもんじゃない。

だからさっさと出そう、という教えは最初に染みこませた方が絶対に良いです。

 

② 第4章4-6 「募集内容と依頼内容が違っていたときの、確認と交渉のポイント」

これもありがち!

実は私が某キュレーションサイトで記事書いてたときがまさにコレでした。

やっぱりさ、仕事選んでられない! って思っちゃうのよ。

だからなんでも「やります」って言っちゃう。

でも、仕事を選ぶのとは、違うよね?

だって募集内容とちがってたんだもん。

そういうときの確認の仕方が例題付きで解説されてます。

 

③ 第5章5-1 「用意するプロフィールは最低3種類」

基本と言えば基本だけど、ものすっごく悩むのがプロフィール。

駆け出しライターの多くはクラウドソーシングのサービスを使っているんじゃなかろうか。

私もそのクチ。

で、プロフィールってやっぱ大事なのよ。

それって相手に「私ってこういう人だよ!」ってお知らせすることでしょ?

なんにも書いてなかったら、例えばフルフェイス被ってコンビニ入るようなものでさ、「コイツ…誰?こっわ!」ってなるんだよ。

ちょっと大げさかもしれないけど、やっぱり多少なりと身元が分かってる方が安心するよね!

 


みきすけ

なんて偉そうに言っているが、それもこれも、このブログのプロフィールに悩んだ結果である。

ちなみにまだ手探り状態。実績とか、得意!が増えてきたらとりあえず追記していく感じでいいかな

 

ところでこの本の著者ってどなた?

この本の著者は「吉見夏美」さん。

…とはいえ誰だ?と思っちゃったのは私も同じ。

彼女、どうやらブログしているらしい…(吉見夏美さんのブログ

なんと、私の一つだけ先輩! ごめ、私単純だから、同世代ってだけで親近感湧くんだ。

2012年にWebライターとして活動を始めて「うっかり」波に乗れちゃった方なんですね。

私も波に乗れるように頑張るぞ!

 

 

 

↓ランキング参加しました。応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


スポンサーリンク