【後半】超実践セミナーに参加してきました

2018年1月29日

 

超実践セミナーに参加してきました。

そのレポートの後半です。

超実践セミナーとはなんぞや?という方は前半の記事をどうぞ(*゚▽゚)ノ

 

第二部「マーケティング」

とっとこランサーさんのお話はマーケティングについて。

ブログや紙面では絶対にお話しできなさそうな、超リアルなお金の話を聞いてきました。

 

ライターにとっての相場とは?

ライターにとっての低単価・高単価とはなんでしょう?

1文字0.5円は安いでしょうか?

1文字10円なら高いでしょうか?

実は相場というものは存在しません。言い換えるなら、相場はフリーライターの数だけ存在します。

講師のとっとこさんは「自分がモチベーションを保てるのが相場」だと言い切っていました。

もしライター業にやる気が持てないのなら、自分がモチベーションを保てる相場を模索すると良いかもしれません。

 

実はクライアントさんも相場は知らない

一日辺りどれくらい文字数書けるから、1日○万円が最低ライン。

というように、とっとこさんは具体的に設定されていました。

たとえば一日3,000字書くのが精一杯で、それでも3万円稼ごうと思ったら、最低でも10円の文字単価は必要です。

 

そんなのは、到底ムリだよ。どうやって文字単価上げたら良いの?

そんな風に私もふくめ、多くの駆け出しさんが思い込んでしまいますが、朗報があります。

 

実は「クライアントさんも文字単価の相場は知らない」のです。

ということは文字単価を上げることはできる。だって知らないから。

 

単価を上げるマーケティング

単価を上げる方法は非常にシンプルで、多くの試行錯誤が必要なものでした。

  • 人が書けない記事が書ける
  • その記事にニーズがある

そのために

  • 誰がどんな状況でどんな風に読むのか

を真剣に調査しなければなりません。

 

ね、シンプルでしょ?(笑)

よく、ブログやライティングも自分の好きなことから始めるといい、とあります。

しかしとっとこさんは、「自分がどんなに興味のない分野でも執筆できるくらいのレベルに持っていく」と断言していました。

めっちゃかっこいいと思いました。

私のように中途半端にぷらぷらしている人は、そういうプロ意識が足りないのかもしれない、とちょっと凹みました。

 

第三部「タイムマネジメント」

超実践セミナー三部作のラストは吉見夏美さんによる、効率的な時間の使い方のお話し。

といっても具体的なテクニックの話はほとんどなく、考え方と使っているツールのお話しがメイン。

 

効率化はたくさん仕事を抱え込むものじゃない

一見すると、マイペースさと効率化っていうのは対極に存在するかのようです。

たくさんの仕事をするための効率化。

私はビジネス書を延々と読みがちなのでとくにそんな印象を受けてしまいます。

 

けれど本当は、好きなことをマイペースに好きなだけするための効率化。

 

勉強したい

趣味を全力で楽しみたい

将来独立してカフェをオープンしたい

 

どれも「やりたいこと」なのにできないのは、どこかに時間の無駄があるから。

 

それらを洗い出して、どうすれば好きなことをやる時間を確保するかを考える作業が効率化なのです。

 

効率化するための改善方法

効率化は試行錯誤の繰り返しです。ちょっと意識高い方にはおなじみのPDACサイクルを回すってやつです(笑)

効率化をする方法には

  • 便利なツールを導入する

が真っ先に思い当たると思いますが、お金を掛けなくてもできる効率化はたくさんあります。

  • 身支度をシンプルに
  • 使うものを厳選する
  • 付き合いを減らす

 

ざっくりというと、可能な限り生活をシンプルにすることです。

ミニマリズムに通じるところもありますね。

 

人間使うものが限られると、それをうまく使うように工夫をし始めます。

そして結果的に「困らない」レベルまで落ち着くのです。

 

できない理由を説明できるか

私がもっとも納得したのが「できない理由」を論理的に説明できるかどうかという部分です。

 

効率化に限った話ではないのですが、新しくものを始めるとき・やめるとき、それっぽい言い訳でやらないことが多いです。

でもそれって、本当はどうなの?と問うことから始めましょう。

それっぽい言い訳って言うのは、一般論だったり世間的な雰囲気だったりするものです。

 

たとえば自動お掃除ロボット。

高価で買えない、家が汚いからお掃除ロボットの機能が使いこなせないとか。そんなふわっとした理由。

でもそれを論理的に説明してみましょう。

家が汚いのなら片付ければいいと思いませんか?

片付けてしまえばお掃除がラクになり、そもそも購入しなくてもイイと思えるかもしれません。

価格が気になるという前に、そもそも比較してみましたか?

中古でも十分、型落ちでもOK。違うメーカーなら新品でもお手頃。そんな発想が湧くかも知れません。

 

それと同じように、

  • 服をたくさん持つ必要があるのか?
  • 買い置きはこんなに必要?
  • 毎日料理をする必要はあるのか?

などなど、日常のちょっとした「本当にそう?」と疑問をもつ習慣をつくってみましょう。

それらにロジカルに説明できるのなら「本当」でできないのなら改善できるはずなのです。

 

「超」実践できるセミナーでした

前半・後半で書きましたが、内容が濃すぎて書き切れない部分もたくさんありました。

「超」実践セミナーなので、誰でも「できる」ノウハウです。

それをやるかやらないかは、セミナーを受けた私たち次第。

喜ばしいことに、ここで学んだことを試してもお金は掛かりません。そう、問題は常に自分次第なのです。

 

公式HPはこちら

 

↓ランキング参加しました。応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


スポンサーリンク