【遊戯王OCG】新マスタールール導入で活躍する(かもしれない)カード5選!

2017年10月12日

 

みっくん

どうも、みっくんです。
以前、新マスタールールについてご紹介しました。

今回は、そんな新マスタールールで役立つ…かもしれないカードをご紹介します!

 

新マスタールールのおさらい

新マスタールールでは大幅にルールが変更されました。

  • ペンデュラムゾーンが魔法・罠ゾーンと共有に
  • エクストラモンスターゾーンの新設

特に後者についてはエクストラデッキからのモンスター大量展開が厳しくなる変更となりました。

詳しくは以下リンク先を参照。
【遊戯王OCG】新マスタールールの変更で多くのデッキに大打撃!?

リンクモンスターを使えばエクストラデッキからのモンスター展開もできますが…エクストラデッキの枚数上限があるため、あまりリンクモンスターに割きたくないですよね?

 

エクストラデッキからモンスターを展開するには?

では、リンクモンスターを使わずにエクストラデッキからモンスターを展開するにはどうしたらいいでしょう?

ルールとしては、既に別記事で紹介済みですが「エクストラモンスターゾーンからモンスターが離れたモンスターが戻ってくる場合はメインモンスターゾーンに戻る」となっています。

そのため、自己蘇生能力を持つモンスターなんかは非常に採用しやすくなります。5D’sにて主人公・遊星のエースモンスターである『スターダスト・ドラゴン』なんかは非常にわかりやすい例でしょうか。

しかし、様々なこだわりやデッキの相性などから、そういったモンスターを入れられない・入れたくないといった方も多いかと思います。

そこで、エクストラデッキを圧迫しないで済むカードに絞ってご紹介したいと思います。

 

エクシーズ以外にはこれ!汎用性バツグンの『亜空間物質転送装置』

エクシーズ以外にはかなり幅広く使用でき、非常に腐りにくいのが『亜空間物質転送装置』です。

亜空間物質転送装置

通常罠
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
  その自分の表側表示モンスターをエンドフェイズまで除外する。

原作でも海馬社長が使用しており、初登場はなんとシークレットレアのこのカード。

ちなみに、原作のように攻撃対象が1体だけしかいないときにこのカードを使用して攻撃対象のモンスターがいなくなってしまった場合、攻撃の巻き戻しが起こり直接攻撃となってしまうため注意が必要です。

このカードは通常罠であり、相手の発動した効果にチェーンして発動できるため、自分のモンスターを守るのにかなり有用なカードです。

もちろん一時的に除外するため、エクストラモンスターゾーンに存在するモンスターを対象にするとエクストラモンスターゾーンが空き、展開することができるようになります。

そして、特殊召喚ではなく「戻す」という点もポイントが高いところです。「融合召喚のみ可」といったモンスターも結構いますからね。

ただし、一度フィールドを離れてしまうため、エクシーズ素材が重要となるエクシーズモンスターとは相性が悪いのが難点です。

 

コンボ性重視ならこっち!『ディメンション・ゲート』

『亜空間物質転送装置』と似たような感覚で使えるのが、『ディメンション・ゲート』です。

ディメンション・ゲート

永続罠
このカードの発動時に、自分フィールド上のモンスター1体を選択し、表側表示でゲームから除外する。
また、相手モンスターの直接攻撃宣言時、フィールド上に表側表示で存在するこのカードを墓地へ送る事ができる。
このカードが墓地へ送られた場合、このカードの効果で除外したモンスターを特殊召喚できる。

『亜空間物質転送装置』が防御よりなのに対して、こちらはよりコンボ性が高いカードとなっています。

除外したモンスターは特殊召喚となるので、特殊召喚することで効果が発動するモンスターを対象に使ったり、このカードが破壊されれば特殊召喚できるので、攻撃後に発動して破壊すれば二回攻撃も可能になります。

一方で「融合召喚のみ可」といった特殊召喚が限られているカードには使えないのが難点です。

また、『亜空間物質転送装置』同様、エクシーズモンスターとも相性が悪いのも難点です。

 

モンスター枠なら!ペンデュラムモンスター『刻剣の魔術師』

今回ご紹介するカードは汎用性を考えてほとんどが魔法・罠カードなのですが、モンスター枠として採用したいならこの『刻剣の魔術師』がオススメです。

ペンデュラム・効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1400/守 0
【Pスケール:青2/赤2】
(1):このカードがPゾーンに存在する限り、
  1ターンに1度、自分フィールドのPモンスターは相手の効果で破壊されない。
【モンスター効果】
(1):手札のこのカードのみがP召喚に成功した時に発動できる。
  このカードの攻撃力は元々の攻撃力の倍になる。
(2):1ターンに1度、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
  そのモンスターとフィールドのこのカードを次の自分スタンバイフェイズまで除外する。

着目すべきは(2)の効果です。自分フィールドのモンスターも選択することができるため、エクストラモンスターゾーンのモンスターを選択すればメインモンスターゾーンに戻ってきます。

もちろん、相手フィールド上のモンスターを選択することもできるため、一時的にでも邪魔な相手モンスターを除外したり、相手モンスターのエクシーズモンスター素材を取り除いたりと汎用性はバツグンです。

また、ペンデュラムモンスターであるため、ペンデュラム召喚を採用しているデッキであればかなり無理なく採用できるでしょう。

難点は、やはりエクシーズモンスターとの相性が悪いことでしょうか。

 

融合モンスターならこれ!『パラドックス・フュージョン』

融合モンスターを使うデッキなら『パラドックス・フュージョン』もオススメです。

パラドックス・フュージョン

カウンター罠
(1):自分フィールドの表側表示の融合モンスター1体を除外して以下の効果を発動できる。
  発動後2回目の自分エンドフェイズに、除外したそのモンスターは表側攻撃表示で自分フィールドに戻る。
  ●魔法・罠カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。
  ●自分または相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。

戻ってくるのにタイムラグこそありますが、幅広くカウンターでき、なおかつ「戻す」ために『亜空間物質転送装置』同様に「融合召喚でしか特殊召喚できないモンスター」でも使うことができる点が優秀です。

 

新たにスポットを浴びる!?『シエンの間者』

これまでご紹介したカードはいずれもエクシーズモンスターとの相性が悪いものばかりでしたが、そんなエクシーズモンスターにも使えるカードが『シエンの間者』です。

通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
このターンのエンドフェイズ時まで、選択したカードのコントロールを相手に移す。

『強制転移』や『死のマジック・ボックス』の存在からほとんど採用されなかったであろうこのカードですが、このカードはエンドフェイズには戻ってくるため、単体でも採用できるのがポイントです。

とは言え、単体では非常に使いづらい点が目立ってしまうのが難点です。

また、相手ターンには自分フィールドに戻ってくるのはいいのですが、せっかくメインモンスターゾーンに移動してもその効果を十分に発揮できないうちに除去されてしまうこともあるのはツラいところです。

そのため、蘇生+素材確保ができる『エクシーズ・リボーン』と併用するのがいいでしょう。

エクストラデッキから展開する『バハムート・シャーク』も再び活躍できる!…かも。

 

まとめ

ここで紹介したのは私が思い付いたものだけであり、もしかしたら今まで脚光を浴びなかったようなカードも活躍できる場があるかもしれません。

そういったカードを思い出し、活用していくのも遊戯王OCGの面白みの一つといえるでしょう。

 

↓ランキング参加しました。応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


スポンサーリンク